施設案内

アイ・コラボレーション京都とは

障害者自立支援法における「就労継続支援B型」と「生活介護」の施設です。

施設は2つに分かれており一方は就労継続支援B型(2階)、他方は就労継続支援B型と生活介護の(3階)となっております。

就労継続支援B型は、一般企業等への就労を目指して知識や能力の向上を図ります。また、就労が難しい方には施設内で生産活動の機会を設け、社会参加や生活レベルの向上に努めます。

生活介護は、常時介護等の支援が必要な方にも施設内で生産活動の機会を設け、社会参加や生活レベルの向上に努める作業型デイサービスです。

【生活介護(WAM NET)】とは

【就労継続支援B型(WAM NET)】とは

主な仕事

就労継続支援B型(2階)

  • Webサイト制作
  • チラシ、冊子等、紙媒体の制作

就労継続支援B型/生活介護(3階)

  • 法人内書類作成
  • 年賀状等のハガキデザイン制作販売
  • ポスティング
  • 検索業務

主な活動

機関紙

アイ・コラボレーション京都の紹介、機関紙を発行しています。

PDFファイルをご覧になるには、アイコンAdobe Reader(無料)が必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
アドビ社サイト

スキルアップへの取り組み

施設の設備

アクセスマップ

所在地

アイ・コラボレーション京都 2階(就労継続支援B型)

〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央1-1-5 BITダイエイビル202
TEL:0774-64-7474 FAX:0774-64-7232

アイ・コラボレーション京都 3階(就労継続支援B型/生活介護)

〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央1-1-5 BITダイエイビル301
TEL:0774-66-1290 FAX:0774-66-1390

交通案内

近鉄京都線 新田辺駅 徒歩3分

きょうと はーとふるナビ
joinup!
SAPスタッフ募集
きょうと福祉人材育成認証制度
本日のベストショット

photo

第16回アビリンピック京都大会 以下受賞しました。ホームページ部門金賞・Wordプロセッサ部門金賞・表計算部門銅賞・Wordプロセッサ部門特別賞

2019年2月14日

カドカワ(旧KADOKAWA・DWANGO)の川上量生社長が降格され、ドワンゴの社長も夏野剛氏に決まったと発表がありました。背景には、ドワンゴのニコニコ動画の業績が不振と言われています。回線・高画質の増強がYouTubeに比べて遅くなったのが原因かと思います。私も昔はYouTubeよりもニコニコ動画を見ていましたが、最近はYouTubeしか見なくなっていました。アニメの一挙放送や将棋など面白いコンテンツを放送していたのですが、そちらもAbemaTVに奪われた感じです。ニコニコ動画はこれから持ち直すのは大変だと思いますが頑張ってもらいたいです。

2018年12月4日

DTP担当者がリーフレットをデザイン中。なかなか大変そうです。

2019年2月28日

大阪府内の小中学校でスマホや携帯電話の持ち込みを容認決定したというニュースが話題になっています。災害が起こった時、すぐに安否確認ができる点で容認決定したようです。個人的には、小中学生では早いと思いますが親の立場からしたらすぐに連絡がつくので安心なのかなと思います。あと、いじめを助長するのではないのかと心配になります。若いうちからスマホや携帯電話の正しい向かい方を学習する授業があってもいいのではないのかと思いました。

2019年1月29日

iPod touchに新型が発売されるのではないのかと噂があります。ちょうど故障したので買い替えようかと思っていたのですが少し待ってみます。値段が高くならないといいのですが・・・。

2019年2月28日

4月の小旅行は関空に決まりました。

2019年1月18日

小旅行の案が色々出ているみたいです。楽しみです。

2019年1月10日

「トリュフの親子重」が200円引きの790円だったので食べてみました。トリュフの香りもしなかったですしトリュフ自体あまり美味しくなかったです。普通の親子丼の方が美味しいです。

2018年11月27日

なか卯で「トリュフの親子重」が並で990円で12月6日発売に発売されます。さすがに990円は手が出ないです。誰か食べて感想を聞かせて欲しいです・・・

pagetop